薄毛の悩みとはサヨナラ

薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)によるものかを判断する簡単な方法

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

 

最近髪の毛がさみしくなってきたなと感じたら、まず最初にやるべきことはネットを使って薄毛対策を探すことではありません。

それよりも先にやらないといけないのは、その薄毛の原因を探すことだと思っています。

薄毛の原因の多くはAGA(男性型脱毛症)によるものなのですが、本当にAGAかどうかを判断する必要があります。

AGAは進行性の脱毛症なので油断をしていると症状はひどくなってしまいます。

そうならないようにするために、自分はAGAなんだという自覚を持つことから始めることが大切だと思っています。

 

もちろん正確な診断を行うためにはAGAクリックで見てもらう必要があるのですが、そこまでしなくても自宅で簡単にAGAなのかどうかを診断する方法があります。

 

ビックリするほど簡単なのでさっそく見ていきましょう。

 

簡単にできるAGA診断

まずは、頭頂部から耳たぶにかけて仮想の線を引いて見ましょう。

さらにそこから2㎠手前に、仮想の線を引いて見ましょう。

もし、額の生え際がその線を越えてしまっていたらAGAの恐れがあると判断できます。

上の画像だとギリギリAGAではないと判断できます。

 

なかには3㎠手前で判断すべきという意見もあるのですが、額の広さ(生え際の位置)や頭の形などには個人差があるので、どちらか一方にあわせるというわけにはいきません。

 

額の両端が剃り上がったようになっていたり、おでこ自体が広がってきてるなと感じていたら、3㎠で判断すればいいし、そうでなかったら2㎠で判断すればいいでしょう。

 

また、実際に行う際は、何か細長いもの(棒など)を縦にして、生え際との距離を定規で測ってみればいいと思います。

 

AGAを詳しく知る

AGAチェックでAGAの恐れがあると判断した人も、そうでなかった人も、薄毛が心配である以上、薄毛の主役ともいえるAGAについては知っておいた方がいいかもしれません。

この機会にAGAについて正しく理解しておきましょう。

 

AGAになるとなぜ薄毛になるのか?

AGA(男性型脱毛症)とは、思春期以降の男性に起こる進行性の脱毛症のことをいいます。

AGAになると毛乳頭(毛の根元の黄色い丸の部分)に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素がより活性化します。

この活性化した5αリダクターゼが毛細血管を伝ってきた男性ホルモンの一種テストステロンを悪玉男性ホルモンとも呼ばれるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換させます。

 

そして、今度はDHTが『脱毛因子』を生み出します。

脱毛因子は髪の毛をつくってる毛母細胞や毛乳頭に『脱毛指令』を出すことができます。

脱毛指令を受けた毛母細胞や毛乳頭は、命令に従い髪の毛をつくりだすことをやめてします。

 

そのせいで髪の毛が抜けたり成長しにくくなるため、薄毛が徐々が進行していくことになります。

 

もとをただせばAGAの原因は5αリダクターゼのせいとも言えて、5αリダクターゼが少なければ薄毛になることはありません。しかし、5αリダクターゼが多いか少ないかは遺伝によって決まってしまうので、どうすることもできないのです。

 

これがAGAの原因が『遺伝』といわれる所以です。

 

また、遺伝以外でよく言われているAGAの原因の一つが『男性ホルモン』になります。しかし、男性ホルモン(テストステロン)が多いからといって薄毛になることはありません。

 

あくまで薄毛に影響する男性ホルモンは悪玉男性ホルモンのDHTのみです。

 

そして、テストステロンをDHTに変換させる役目を果たしているのが5αリダクターゼとなるので、AGAの原因は男性ホルモンというよりは遺伝といったほうがしっくりくるように思います。

 

ハミルトンノーウッド分類でAGAの進行を確認

AGAチェックを行い、自分の薄毛の原因がAGAかも知れないと思ったら、今度はハミルトンノーウッド分類(高島分類)を使ってAGAの進行状況を確認する必要があります。

 

ハミルトンノーウッド分類は欧米などでよく使われているAGAの進行状況を確認するために作られた指標です。なお欧米人よりもてっぺん(頭頂部)が薄くなる傾向が高い日本人には合わないところもあるので、日本では日本人用に修正した高島分類が利用されています。

 

 

Ⅰ型:前頭部の生え際がM字型に後退し始めた状態
Ⅱ型:Ⅰ型よりもさらに進行した状態
Ⅱ型Vertex型:Ⅱ型に加え、頭頂部がO型に薄くなった状態
Ⅲ型:Ⅱ型よりもさらに進行し、髪全体のボリュームも薄くなった状態
Ⅲ型Vertex型:Ⅲ型に加え、頭頂部がO型に薄くなった状態
Ⅳ型:前頭部の生え際がⅢ型よりも後退し、頭頂部もO型に薄くなってきた状態
Ⅴ型:Ⅳ型がさらに進行した状態
Ⅵ型:前頭部と頭頂部の薄毛部分が繋がり、髪の毛のある部分が側頭部と後頭部のみの状態
Ⅶ型:Ⅵ型が進行し、側頭部と後頭部の毛量も減ってきた状態

 

ハミルトンノーウッド分類(高島分類)では症状が薄いⅠ型からかなり進行してしまったⅥ型まで7つに分類していて、さらにⅡ型とⅢ型には頭頂部(Vertex)が薄くなるバージョンとそうでないバージョンが存在しています。

 

AGAになると5αリダクターゼが多く存在していているのところから薄毛になっていきます。最も多いのが前頭部で、次に多いのが頭頂部となるので、前頭部、頭頂部の順でハゲていきます。

 

なお5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在していて、Ⅱ型の5αリダクターゼがより薄毛の原因となっていて、前頭部から頭頂部にかけて存在しています。

 

最後に

もし、AGA診断の結果AGAでないとの判断をしたなら、他の脱毛症の可能性が高くなるのですが、AGA以外にも下記のような脱毛症が存在しています。

円形脱毛症

薬剤性脱毛症

皮膚疾患による脱毛症

栄養障害による脱毛症

 

しかし、どんな脱毛症であったとしても個人での治療は難しいので、その際は素直に皮膚科に通った方がいいと思います。

 

 

また、AGA診断の結果AGAだと判断した場合は、本格的な薄毛対策を考える必要があります。そうしなければ薄毛はどんどん進行していきます。

 

後は個人の判断で、AGAクリニックを選択するのか、それとも発毛剤などを使用して自分の力で薄毛対策をするのかを決めればいいでしょう。

 

当ブログにはそのための情報が色々記載されているので、参考にしてみてください。

 





今回の記事が参考になったら応援していただけると嬉しいです。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
      レーザー育毛ならヘアマックス

関連記事

AGAクリニックに頼りたくない人はこちら

今すぐ中身を確認する

ブログ応援お願いします

↓ ↓ ↓ブログランキング参加中クリックお願いします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

管理人のプロフィール

こんにちは。さこっちです。

40歳すぎたころから薄毛に悩まされるも、試行錯誤を繰り返し、薄毛改善に成功。

その間、薄毛を他人に知られることはほとんどなく、無事に隠し通すこともできました。

しかも今では、薄毛対策をしなくても、問題なく過ごせています。

詳しいプロフィールを見てみる

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930