薄毛の悩みとはサヨナラ

プロペシアを使わずにAGAの予防をするコツとは?

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

 

AGAによる薄毛は無事改善できたとしても、それで終わりではありません。

 

再び薄毛に逆戻りしないためにも、引き続きAGA予防の為の薄毛対策が必要となります。

 

また、ある程度年齢を重ねた男性で、

 

『最近抜け毛が増えたな』

 

と感じたり、

 

『髪の毛が細く元気がないな』

 

と感じているのならばAGAを発症している可能性があるので、こちらに関してもAGA予防の為の薄毛対策を考えるべきでしょう。

 

では、どうやってAGAを予防するのかといば、プロペシア(成分:フィナステリド)を使うのが一般的なんだろうと思います。

 

プロペシアはただ飲むだけでいいですし、費用も安く済むので、長続きさせるにはもってこいの商品だといえます。

 

しかし、プロペシアは医療機関でしか処方してもらうことが出来ないですし、薬を飲み続けるということに抵抗のある人もいるかと思います。

 

おまけにプロペシアには、確率は低いものの副作用(肝機能障害、勃起機能不全、精液量減少など)が起きる可能性があります。

 

そこで、プロペシアを使わずにAGA予防を行う際のコツやその方法について、紹介したいと思います。

 

 

AGA予防の最大の敵とは?

AGAの予防をする際の最大の敵は、

 

・5αリダクターゼではなく、

 

・DHT(ジヒドロテストステロン)もなく、

 

自分自身の心になります。

 

薄毛の時には髪の毛を増やすために頑張れても、すでに髪の毛がある状態での薄毛対策ではモチベーションが上がりませんし、髪の毛への優先度も低くなってしまいます。

 

それなのに、AGAの予防は『もうハゲてもいいや』と思うまでずっと続ける必要がありますし、人によってはそれを数十年間続けなければいけません。

 

モチベーションが低い中で長く続けるというのはとても大変で、忙しい日や疲れているときなど徐々にサボるようになったり、それでもすぐにハゲないことから油断が生じてしまう恐れもあります。

 

その結果、ヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増えて、再び薄毛となっていくのですが、抜け毛が増えてから慌ててみてもその時はもう手遅れとなっています。

 

なお、これは私自身の実体験でもあります(>_<)

 

そうならないようにするためには、他人がどうこうではなく自分自身が長続きできると思える薄毛対策を選ぶことが重要となってきます。

 

例えば、無精な性格だというのであれば、日々の作業が楽な薄毛対策を選択すべきですし、金銭的な余裕がないというのであれば費用が安く済む薄毛対策を選ぶといった感じになります。

 

 

AGAの予防をするための薄毛対策

ここではプロペシアを使わずにAGAを予防する方法について、いくつか紹介したいと思います。

 

 

育毛剤

育毛剤に関してはその種類ごとに含まれている成分が違うので、人によって合う合わないが出てきます。

 

口コミなどで賛否両論あるのはそのためです。

 

育毛剤選びで大事なことは

①髪の毛の成長を促す成分

②抜け毛を防ぐ成分

③頭皮環境を整える成分

がバランスよく配合されているかどうかです。

 

気になる育毛剤が見つかったらその主要成分が上記3つのどれに該当するのかを確認してみるといいでしょう。

 

特に重要なのが①、②になるので、この2つに該当する成分が配合されている育毛剤を選んでみてください。

 

なお、育毛剤には重篤な副作用は存在しませんが、長く使い続けるには若干高額となるところに欠点があります。

 

 

発毛剤

発毛剤は髪の毛を増やすためのものですが、AGA予防に使っても全然構いません。

 

もし、発毛剤を使って髪の毛を増やしたのならば、そのまま使い続けてみてもいいでしょう。

 

間違いなく育毛剤よりも効果はあります。

 

おまけに、リアップのジェネリック医薬品である『ミノグロウ』や『ミノアップ』といった発毛剤を購入すれば、値段もかなり安くすみます。

 

しかし、発毛剤にも欠点はあって、発毛剤にはミノキシジルが配合されているので、いつ副作用が起きるかわかりません。

 

症状によっては使用をやめる必要もでてくるので、発毛剤をAGA予防に使用していても、いつか使えなくなる日がくるかもしれないことを覚悟しておきましょう。(薄毛改善に使用する際も同じですが。。)

 

 

LED および低出力レーザー照射

AGA治療に大きな影響を与えている日本皮膚科学会の『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版』によると、LED および低出力レーザー照射が推奨度『B』(行うよう勧める)となっていて、推奨度『A』(行うよう強く勧める)のミノキシジルの外用、フィナステリド、デュタステリドに続く評価となっています。

 

そんなLED および低出力レーザー照射の中で最も知名度が高いのがヘアマックスで、頭皮に低出力レーザーを当てて使用するのですが、アメリカの厚生省にあたるFDA(アメリカ食品医薬品局)からも認可を受けている優れものです。

 

購入費用は若干高くなりますが、10年~15年使用できるものなので、ひと月あたりのコストは大分安くなりますし、何より毎日レーザー照射をしなくていい(週3日でOK)というのも魅力的な要素です。

 

ヘアマックスには重篤な副作用も報告されていませんし、この中で選ぶならヘアマックスが一番かと思います。

 

なお、ヘアマックスはよくキャンペーンを行っていて、通常よりも安く購入することもできるので、公式サイトだけでも覗いてみるといいかと思います。

 

>>ヘアマックスの公式サイト<<

 

 

 

その他AGAの予防方法

これは今現在私自身も行っている方法なのですが、

 

〇発毛剤や育毛剤のように塗ったり、

 

〇薬やサプリメントのように飲んだり、

 

〇頭皮マッサージを行ったり、

 

といった従来の薄毛対策とは違ったやり方で、髪の毛を維持し続けています。

 

少し手間はかかりますが、お金はほとんどかかりませんし、自分の生活を改めてみるよいチャンスになるのではないかと思います。

 

 

 

また、これまで紹介した薄毛対策に以下の方法を加えてみるのも効果的かと思います。

 

 

 

 

最後に

AGAの予防に関しては、薄毛を改善させることよりも容易ではありますが、長く続ける分別の難しさが出てきます。

 

特に

 

〇面倒くささ

 

〇AGA予防費用

 

〇副作用

 

といったものが長続きの邪魔をしてくるので、

 

もし途中で合わないと思ったら別の予防方法を試すなど柔軟に対応していきましょう。

 

AGAクリニックもコスパの時代です

▼   ▼   ▼   ▼   ▼

G.グリーンクリニック




今回の記事が参考になったら応援していただけると嬉しいです。


 ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

全国から受診可能なAGAクリニック

 

G.グリーンクリニック

AGAクリニックに頼りたくない人はこちら

今すぐ中身を確認する

ブログ応援お願いします

↓ ↓ ↓ブログランキング参加中クリックお願いします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

管理人のプロフィール

こんにちは。さこっちです。

40歳すぎたころから薄毛に悩まされるも、試行錯誤を繰り返し、薄毛改善に成功。

その間、薄毛を他人に知られることはほとんどなく、無事に隠し通すこともできました。

しかも今では、薄毛対策をしなくても、問題なく過ごせています。

詳しいプロフィールを見てみる

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829