薄毛の悩みとはサヨナラ

男性の薄毛対策に育毛シャンプーを使うのは無駄なのか?

2019.08.24

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

 

『薄毛 シャンプー おすすめ』などとネットで検索してみてくさい。薄毛に良いとされるシャンプーがいくつも出てきます。それだけシャンプーの力で薄毛を改善したいと思う人が、多いという事なんでしょう。

 

薄毛であるがなかろうが、ほとんどの男性は毎日のように髪の毛を洗うと思うので、シャンプーで薄毛が改善されるのであれば、もっとも効率的な薄毛対策になるんだろうと思います。最近では、育毛シャンプーといういかにも髪の毛に良さそうなシャンプーまで数多く存在しています。

 

これで本当に、薄毛が改善されるようならば、最高なんでしょうが、なかには「シャンプーで薄毛が改善されるわけがない」と言った意見も聞こえてきます。

 

実際のところ、育毛シャンプーの効果はどのくらいあるのでしょうか。

 

育毛シャンプーを使うのは無駄なのか?

育毛シャンプーには、髪の毛に有効だといわれている成分が数多く含まれています。なので、普通のシャンプーよりも値段は高くなってしまうのですが、髪の毛にとっては良いことなので、育毛シャンプーは使った方がいいに決まってます。

 

決して無駄になるようなことはありません。しかし、薄毛対策にはコスパも大事になってくるので、育毛シャンプーを使うというのであれば、今現在薄毛に悩んでいないという事が条件になります。

 

普通に考えたら、薄毛に悩んでるからこそ使うべきで、言ってることか逆なんじゃないの?って思うかもしれませんが、これからその理由を話していきたいと思います。

 

シャンプーの目的

シャンプーは本来、頭皮や髪の毛についた汚れ(皮脂、フケ、ホコリ、スタイリング剤など)を落とし、頭皮・髪を清潔に美しくするために使うものです。

 

そして、育毛シャンプーを使って得られるのは、頭皮環境の改善までであって、頭皮環境の悪化(乾燥や炎症)を防ぐことはできます。

 

頭皮を畑、髪の毛を植物に例えると、畑を耕したり、植物についた害虫やゴミなどを取り除くのまでが育毛シャンプーの役目となります。

 

薄毛対策にシャンプーメインはありえない

薄毛を改善させたいのであれば、攻めと守りが必要となってきます。攻めが発毛・育毛効果を促す事であり、守りが抜け毛を減らすことになります。

 

発毛剤や育毛剤(以降、スカルプエッセンスも含む)と育毛シャンプーを比較した場合、攻撃に関して言えば、もっとも高いのが発毛剤になりますし、防御に関して言えば、商品によるといえるでしょう。

何れにしても、攻撃・防御共にもっとも低いのが、育毛シャンプーになるのですが、もっとも低いものを薄毛対策のメインにもってくることなんてありえません。

 

育毛シャンプーのライバルとなる発毛剤や育毛剤と、その力の差を比較してみましょう。

 

発毛・育毛効果の比較

植物が成長するためには、『根』が栄養や水分を吸収する必要がありますが、髪の毛で植物の根の部分に該当するのが、毛乳頭や毛母細胞になります。

 

下記画像だと、髪の毛の根元にある黄色い丸の部分が毛乳頭で、その周りにあるオレンジの丸い部分に毛母細胞が存在しています。

 

毛乳頭や毛母細胞に栄養が届きやすくしたり、髪の毛の成長に大事な栄養まで届けることで、髪の毛に元気を与えることが出来るのが、育毛剤になります。

さらに、髪の毛が生えなくなった毛乳頭や毛母細胞に刺激を与えることで、髪の毛を生やすことまで出来るのが、発毛剤になります。

 

当然、ここまでの効果は育毛シャンプーには備わっておりません。

 

また、植物が生えてきたり成長したりするのに、畑を耕すのが大事なように、発毛や育毛にも頭皮環境を整えることが重要となってきます。なので、発毛剤や育毛剤にも頭皮環境の改善を助けてくれる成分が入ってることが多くなりました。

 

そうなってくると、育毛シャンプーで得られる効果は、発毛剤や育毛剤にも備わっているということになるので、育毛シャンプーを使うメリットもなくなってしまいます。

 

抜け毛を減らす効果の比較

抜け毛の原因には様々なものがあります。

代表的なものでいうと、

●遺伝
●男性ホルモン
●ストレス
●睡眠不足などの生活の乱れ
●頭皮環境の悪化

などがあります。

このなかで、育毛シャンプーの効果があるのは、頭皮環境の悪化による抜け毛のみとなります。そしてもちろん、発毛剤や育毛剤にもその効果は備わってると言っていいでしょう。

 

また、薄毛の原因で最も多いのは、AGA(男性型脱毛症)によるものなので、仮にAGAを発症したのだとしたら、頭皮環境の悪化だけを押さえても、抜け毛を減らすことは出来ません。

 

その際は、AGAの原因となっているDHT(ジヒドロテストステロン)の元となっている5αリダクターゼを抑制するフィナステリドを服用するのが一番効果があるのですが、発毛剤や育毛剤を使うことで、フィナステリドほどではないにせよ、抜け毛を抑止することはできます。

 

シャンプーにはこだわるべきなのか?

先ほども語ったように、発毛剤や育毛剤には頭皮環境を改善させる効果まで備わっています。なので、発毛剤や育毛剤を使うのであれば、シャンプーは汚れさえ落とせればいいように感じますよね。

 

しかし、シャンプーを使うことで、髪の毛や頭皮にダメージがでたら困るので、シャンプ-にも多少はこだわるべきだと思っています。別に育毛シャンプーを使ってもいいのですが、普段使っている市販のシャンプーであっても、頭皮や髪の毛に問題がないようならば、全然使っても構いと思います。

 

恐らく多くの人が、薄毛を気にするようになるまでの数十年間は、市販のシャンプーを使っていて、それで問題はなかったはずなんです。

 

問題なのは、使っているシャンプーが、頭皮や髪の毛に影響を与えてるケースになります。

 

以前、ネットで評判のアミノ酸系のシャンプーを購入したことがあるのですが、大量にフケが出るようになってしまい、途中で使用をやめてしまったことがあります。

 

人は、世間の評判に流されがちになりますが、どんなに評判のいいシャンプーであっても、実際に使用してみて頭皮環境の悪化(乾燥や炎症)や痒みなどがあるようであれば、使用は控えるべきです。

 

人間関係もそうですが、シャンプーにも当然合う合わないはあります。ネームバリューでなく相性の良いものを使うようにしましょう。

 

まとめ

発毛剤で使うミノキシジルと、飲んで使うミノキシジル(ミノキシジルタブレット)とでは、その効果に圧倒的な違いがあります。薄毛の程度にもよりますが、ミノキシジルタブレットを使用して1か月もたつと、かなりの効果を実感できますが、発毛剤だとそうはいきません。

 

それくらい頭皮を経由して栄養を送る、発毛や育毛は難しい訳なんです。

 

なので、どんなにすごい有効成分が入ってたとしても、最後は水で洗い流す育毛シャンプーに、頭皮の改善以上の効果を求めるのは酷というものなんです。

 

育毛シャンプーを使うんだとしたら、薄毛じゃない人が頭皮環境を整える目的で使うべきなんです。

 

しかし、薄毛を改善したいのであれば、より薄毛に効果のある育毛シャンプー以外のものも併用するべきで、それが発毛剤や育毛剤のように、同様の効果まで持つものであるならば、コスパを考えても育毛シャンプーを使う必要はないのです。

 

育毛剤を探していると、育毛剤以外にも、育毛サプリメントや育毛シャンプーまで進めてくるサイトも存在しています。より薄毛に効果的などと言ってますが、逆に育毛剤単体の効果に自信がないのかなと思ってしまいます(笑)

 

それに当然、その分のお金もかかってしまいます。育毛剤は発毛までは保証してはいません。にもかかわらず、安いAGAクリニック並みのお金を払って育毛効果しか得られないのであれば、コスパが悪すぎると言いたくなります。

 

薄毛を回復させるには、長い時間がかかります。予算を抑えて効率的な薄毛対策を行うためにも、シャンプーにお金をかけ過ぎないようにしましょう。

 

AGAクリニックもコスパの時代です

▼   ▼   ▼   ▼   ▼

G.グリーンクリニック




今回の記事が参考になったら応援していただけると嬉しいです。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
      レーザー育毛ならヘアマックス

関連記事

全国から受診可能なAGAクリニック

 

G.グリーンクリニック

AGAクリニックに頼りたくない人はこちら

今すぐ中身を確認する

ブログ応援お願いします

↓ ↓ ↓ブログランキング参加中クリックお願いします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

管理人のプロフィール

こんにちは。さこっちです。

40歳すぎたころから薄毛に悩まされるも、試行錯誤を繰り返し、薄毛改善に成功。

その間、薄毛を他人に知られることはほとんどなく、無事に隠し通すこともできました。

しかも今では、薄毛対策をしなくても、問題なく過ごせています。

詳しいプロフィールを見てみる

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031