薄毛の悩みとはサヨナラ

ミノキシジルタブレットを服用中の写真撮影は要注意!

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

 

今回は、発毛・育毛実践記の番外編ということで、運転免許の更新に行ったときの話をしたいと思います。

 

この頃の私は、ミノタブを使用し続けた副作用で、顔はパンパンにむくんでいました。下膨れと言った方がいいかもしれません。周りの人に「最近太った?」なんて言われることは珍しくありませんでした。

 

そのうち何とかしなきゃと思いつつも、放っておいたのですが、そんな私には、運転免許証の更新が控えていました。

 

運転免許証の更新といえば、顔写真が必要となってきますよね。さすがにこのむくんだ顔で、写真に収まることに抵抗のあった私は、運転免許証の更新に行く日の3日ほど前から、ミノタブの使用を一時中断しました。

 

この時の髪の毛の状態は、薄毛がほぼわからないくらいまで回復していたので、ミノタブを数日飲まないくらいは大丈夫です。

 

そして、3日前にミノタブの使用を止めたことからもわかるように、むくみをとるのはそんなに難しくないと思っていました。

 

顔のむくみは短期間にとれるか?

顔のむくみをとるといえば、やはり顔のマッサージになりますよね。

 

ネットでマッサージ方法を調べながら、実際に色々試してみました。仕事中なども手が開いた時には顔のマッサージをしていました。

 

しかし、顔のマッサージをしたくらいでは、そう簡単にむくみはとれません。

 

そこで、私が向かったのは銭湯(温泉)になります。サウナに入って汗をかくことで、むくみを減らそうとしたのです。マッサージでむくみがとれないのは想定内の出来事で、免許更新の前日までは銭湯通いをするつもりでした。

 

銭湯に行ったら、温泉に浸かるだけでなく『サウナに入ってしんどくなったら水風呂に入る』を何度も繰り返します。それを免許更新の前日まで行いました。

 

普段、銭湯にいったときも同様の行動をするので、全然苦にはなりませんし、逆に至福の時を過ごせました。

 

それに多少は効果があったようで、ギリギリ許容範囲と言えるくらいには、むくみが改善されました。

 

これで安心して、運転免許証更新の日を迎えられたのでした。もし顔のむくみがとれなかったら、次の休みの日まで免許証の更新に行くのをやめようと思っていました。

 

運転免許証の写真撮影

運転免許証更新の当日の朝は、朝シャンして髪もきちんとセットして、それから顔のマッサージをしてと普段と同じルーチンをこなして、何度も鏡をみては、むくみと髪の毛をチェックしました。

 

薄毛に見える事もないし、むくみも許容範囲内で一安心です。

 

そして、免許更新センターに出向き、各種手続きも進めて、いよいよ写真撮影を行うことになりました。

 

写真撮影の前も、何度むくみや薄毛のチェックはしたので、問題は無いはずでした。が、一度写真を撮ったにも関わらず、もう一度撮り直しをするはめに。

 

しかも、写真を撮ってくれた職員の顔は、撮り直した写真にも満足はしてないようで、納得してない表情をしていました。

 

そして、その顔に私も不安を感じ始めたのでした。

 

 

運転免許証の顔写真はどうなった?

その後、全ての手続きが終わり、ビデオを見ている時も、何か嫌な予感はしていました。そして、その予感は的中することになります。

 

ビデオ試聴も終わり、新しい免許証を受け取り、帰るのみとなったところで、職員の方から一人ずつ新しい免許証が配られました。自分の名前を呼ばれて取りに行き、運転免許証の顔写真をみて唖然としました。

 

なんと、顔がむくんで、パンパンだったのです。

 

今まで使っていた運転免許証の顔写真と比べたら、びっくりするくらい顔が大きくなっています。しかも、おでこが隠れるくらいに垂らしてたつもりの前髪も、思ってたより垂れていません。

 

さすがにこれだけで、薄毛に見えることはありませんが、写真が本当の自分の姿を見せてくれたようで、ショックを受けてしまいました。

 

それに、ゴールド免許だったので、この運転免許証を後5年間は使用しないといけません。ましてや色んなものの証明には、運転免許証を使っていたので、何とか再発行できないものかとか悪いことばかり考えてしまうのでした。

 

なぜ顔写真はむくんでいたのか?

それではなぜ、鏡に映った自分の姿と実際の写真とにギャップが大きかったのか?

 

写真をジックリみて分かったのですが、顎が若干上がった状態で撮っていました。写真を撮った職員の満足いかない表情もこれが原因だったと思います。

 

鏡を正面から見た状態だと、むくみはとれたように見えますが、少し見る角度を変えると、角度によってはむくんで見えるときもあります。むくみは完全にはなくなったわけではないので、顎が若干上がった状態だとむくみを隠し切れなかったわけです。

 

なぜ免許センターの職員は、免許証の写真撮影の時に、もっと顎を引くように言わなかったのか不満も残ったのですが、免許証が出来上がってしまったらどうしようもありません。そして、次の休みまで免許証の更新に行くのを伸ばせばよかったと後悔したのでした。

 

まとめ

ちなみに、朝ミノタブを服用する事で、むくみは改善されるとも言われていますが、自分で試していないので、真偽のほどは定かではありません。

 

また、顔のむくみについては、個人差があるのでどれくらいで治るとはなかなか言えません。

 

その後何度も、運転免許証を提示したことがありますが、今は全然顔がむくんでいないので、その都度恥ずかしい気持ちになっています。

 

顔のむくみは治ったように見えても、私のようなケースもあるかもしれないので、運転免許症以外にも、パスポートだったり何らかの証明写真が必要な際には、十分に気をつけてください。

 

むくんだ顔写真を知らない人に見せるのって、本当に恥ずかしいですよ。

 

AGAクリニックもコスパの時代です

▼   ▼   ▼   ▼   ▼

G.グリーンクリニック




今回の記事が参考になったら応援していただけると嬉しいです。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
      レーザー育毛ならヘアマックス

関連記事

全国から受診可能なAGAクリニック

 

G.グリーンクリニック

AGAクリニックに頼りたくない人はこちら

今すぐ中身を確認する

ブログ応援お願いします

↓ ↓ ↓ブログランキング参加中クリックお願いします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

管理人のプロフィール

こんにちは。さこっちです。

40歳すぎたころから薄毛に悩まされるも、試行錯誤を繰り返し、薄毛改善に成功。

その間、薄毛を他人に知られることはほとんどなく、無事に隠し通すこともできました。

しかも今では、薄毛対策をしなくても、問題なく過ごせています。

詳しいプロフィールを見てみる

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031