薄毛の悩みとはサヨナラ

フィナステリドが含まれてる塗り薬は販売されているのか?

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

 

薄毛対策ではミノキシジルとフィナステリドが使われる事が多いです。

 

その中でミノキシジルには塗り薬(発毛剤)と錠剤(タブレット)があって、塗り薬についてはAGAクリニックで処方してもらわなくても、薬局やインターネットなどから購入※できます。

※医師や薬剤師に適正と判断された場合には購入可能

 

しかし、フィナステリドについては塗り薬の存在自体あまり聞いたことがないので、フィナステリドの塗り薬やミノキシジルとフィナステリドの両方配合されてる塗り薬などがあったら、実際に購入したいと思っている人もいることでしょう。

 

しかも、発毛剤同様わざわざAGAクリニックに通わなくても購入できるとしたら尚更そう思うはずです。

 

そこで、フィナステリドが含まれている塗り薬の存在について調べてみました。

 

 

フィナステリドの欠点

フィナステリドに関しては、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として日本の厚生労働省にあたるFDA(アメリカ食品医薬品局)から認可されていますし、日本国内でもプロペシア(フィナステリドの商品名)が飲む発毛剤として厚生労働省により販売認可が認められています。

 

また、日本皮膚科学会のガイドラインでも推奨度A(男性型脱毛症にはフィナステリドの内服を行うよう強く勧める)と高い評価を得ています。

 

 

しかし、ミノキシジルほど副作用が起きる可能性は高くはありませんが、フィナステリドにも副作用は存在しています。

 

それに、発症したら嫌なのはフィナステリドの方になります。

 

フィナステリドの副作用には、性欲減退、勃起不全、精子の減少、睾丸痛など性的なものが多く、今後子供を作りたいと考えてる人にとっては心配な副作用と言えます。

 

そんなフィナステリドの欠点をカバーできるかもしれないのがフィナステリドの塗り薬で、普段使用される錠剤とは違い頭皮に塗って使用することで体全体への影響を抑え、性的な副作用の発生確率を少なくすることができると考えられます。

 

それなのにあまり知られていない(または製造されていない)ということは、錠剤であっても副作用のリスクは少ないとの判断から、塗り薬の需要はそう多くないと薄毛業界は判断しているのかもしれません。

 

 

フィナステリドが含まれている塗り薬が欲しいなら

フィナステリドの含まれている塗り薬は発毛剤のように日本国内で市販はされていません。

 

どうしてもフィナステリドが含まれている塗り薬が欲しいなら、個人輸入代行等を利用して海外から手に入れるという方法があります。

 

それでもその数は少ないのですが、その中から2つの商品を紹介してみたいと思います。

 

 

リグロースラボFIN25

リグロースラボFIN25は、フィナステリドを0.25%含有した塗り薬となります。値段も大変お求めやすく、1本60mlが2,200円くらいで購入できます。

※値段は2019年11月15日時点のもので、為替レートによって変動します。

 

なお、「リグロースラボ」とは2018年に登場した育毛ブランドで、ミノキシジルの塗り薬「フォリックス」で有名なサファイヤヘルスケア社が製造しています。

 

他にもミノキシジルを5%含有したリグロースラボM5や、デュタステリドを0.5%含有したリグロースラボ D5αなどが販売されています。

 

もしフィナステリドよりも高いAGA予防効果を求めている人だったら、リグロースラボ D5αを購入すればいいと思いますし、値段については1本60mlが3,980円くらいで購入できます。

※値段は2019年11月15日時点のもので、為替レートによって値段は変動します。

 

 

ラムダグロー エクストラ リキッド

ラムダグローのエクストラリキッド(塗り薬)はフィナステリドだけではなく、ミノキシジルやフコキサンチン、ビタミンB6なども配合されています。

 

AGAの予防だけでなく髪の毛も増やしたいと思ってるの人ならばこちらの方が効果的かもしれませんが、値段については少し高めで1本60mlが12,500円となっています。

 

また、ラムダグローは上記リキッド+タブレット(錠剤)がおススメとなっていて、リキッドだけでなくミノキシジルやフィナステリドが配合されたタブレットと、バナナエキス、フコキサンチなどが配合されたタブレットを同時に使用することで、より薄毛改善の効果を発揮します。

なお、値段についてはひと月分で、20,000円となっています。

 

ラムダグローについては、3か月分、6ヶ月分とまとめて一括で購入すると、もっと安く購入することもできます。

 

 

最後に

フィナステリドやデュタステリドは5αリダクターゼ(還元酵素)を抑制してテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換するのを防ぎ、それによって薄毛になるのを予防しています。

 

なお、DHTはお腹の中の赤ちゃんが男の子だった際には、男性器の発達に重要な役割を果たしているので、フィナステリドの副作用に性的なものが多いのも、もしかしたら大人になった後もDHTは男性器になんらかの影響を与えていて、それが生成されにくくなったことで副作用が発生しているなんてこともあるのかもしれません。※あくまで想像です。

 

もし、フィナステリド(錠剤)の副作用が気になるというのであれば、フィナステリドの含まれている塗り薬を試していてもいいのではないかと思います。

 

商品サイトへのリンクは貼ってませんが、検索してみればすぐに見つかると思います。

 

AGAクリニックもコスパの時代です

▼   ▼   ▼   ▼   ▼

G.グリーンクリニック




今回の記事が参考になったら応援していただけると嬉しいです。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
      レーザー育毛ならヘアマックス

関連記事

全国から受診可能なAGAクリニック

 

G.グリーンクリニック

AGAクリニックに頼りたくない人はこちら

今すぐ中身を確認する

ブログ応援お願いします

↓ ↓ ↓ブログランキング参加中クリックお願いします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

管理人のプロフィール

こんにちは。さこっちです。

40歳すぎたころから薄毛に悩まされるも、試行錯誤を繰り返し、薄毛改善に成功。

その間、薄毛を他人に知られることはほとんどなく、無事に隠し通すこともできました。

しかも今では、薄毛対策をしなくても、問題なく過ごせています。

詳しいプロフィールを見てみる

カレンダー

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930