薄毛の悩みとはサヨナラ

AGAの進行状況から選ぶおすすめの薄毛対策

2019.09.22

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

 

薄毛対策選びに迷っている人は、たくさんある薄毛対策の中から選ぼうとしていませんか?

また、薄毛がなかなか改善されないという人は、正しい薄毛対策を選択してるでしょうか?

 

AGA(男性型脱毛症)は進行性の脱毛症です。

進行性なのでそのままにしておくと、薄毛はどんどん広がっていきます。

 

状況は常に同じではないので、その状況に応じた薄毛対策を選ぶというのが本来の正しいやり方です。

また、そうすることで選択肢はかなり狭まってくるので、薄毛対策選びへの迷いも軽減されます。

 

薄毛対策の種類

一口に薄毛対策といっても様々なものがありますが、代表的な薄毛対策には、以下のようなものがあります。

 

育毛剤(スカルプエッセンスを含む)

◆◆使い方◆◆
頭皮への直接塗布

 

発毛剤

◆◆使い方◆◆
頭皮への直接塗布

 

低出力レーザー照射

◆◆使い方◆◆
自宅での頭皮へのレーザー照射

 

AGA治療の行える皮膚科

◆◆主な治療方法◆◆
フィナステリドまたはデュタステリド+(発毛剤)

 

AGAクリニックでの投薬治療

◆◆主な治療方法◆◆
フィナステリドまたはデュタステリド+ミノキシジルタブレット※

ミノキシジルタブレットを処方しないクリニックもあります。

 

AGAクリニックでの投薬治療プラスα

◆◆主な治療方法◆◆
フィナステリドまたはデュタステリド+ミノキシジルタブレット+有効成分を頭皮に注入(育毛メソセラピー)

 

これらの薄毛対策は、どれも薄毛の改善に効果があるのですが、AGAの進行状況によっては当然向き不向きがあります。

 

なお、海外からミノキシジルやフィナステリドを購入して使用するという方法もありますが、医者から処方されずに薬を使うのは危険な行為なので、ここでは取り上げません。

 

ハミルトンノーウッド分類(高島分類)別の薄毛対策

ここでは、AGAの進行状況に応じてどの薄毛対策を選択するのがいいかを、AGAの進行度合いを知るのに用いられるハミルトンノーウッド分類(高島分類※)を元に、説明して行きたいと思います。

 

※ハミルトンノーウッド分類を日本人向きに修正をしたものを高島分類と言います。

 

高島分類Ⅰ型

 

Ⅰ型:前頭部の生え際がM字型に後退し始めた状態

 

おすすめの薄毛対策

 

育毛剤(スカルプエッセンスを含む)※

発毛剤

低出力レーザー照射

 

理由

 

まだあまり薄毛が進行していない状況なので、自宅での薄毛対策のみで薄毛を改善できるレベルです。

※育毛剤は商品によっては薄毛を改善させることが可能でしょう。

 

高島分類Ⅱ型、Ⅱ型Vertex型

 

Ⅱ型:Ⅰ型よりもさらに進行した状態
Ⅱ型Vertex型:Ⅱ型に加え、頭頂部がO型に薄くなった状態

 

おすすめの薄毛対策

 

発毛剤

低出力レーザー照射

AGA治療の行える皮膚科

 

理由

 

自宅での薄毛対策も対処できますが、より確実に薄毛の改善を考えるなら、AGA治療の行える皮膚科を選択してもいいと思います。

この段階まで薄毛が進んだら、育毛剤で薄毛を改善させるという選択はしないほうがいいでしょう。

 

高島分類Ⅲ型

 

Ⅱ型よりもさらに進行し、髪全体のボリュームも薄くなった状態

 

おすすめの薄毛対策

 

発毛剤※

低出力レーザー照射※

AGA治療の行える皮膚科

AGAクリニックでの投薬治療

 

理由

 

ここまで薄毛が進行してしまったら、皮膚科やAGAクリニックを利用するのが確実かもしれません。

※もちろん発毛剤や低出力レーザー照射を行っても構いませんが、薄毛が改善されるまでに時間がかかることを考慮しておくべきでしょう。

 

高島分類Ⅲ型Vertex型

 

Ⅲ型に加え、頭頂部がO型に薄くなった状態

 

おすすめの薄毛対策

 

AGA治療の行える皮膚科※

AGAクリニックでの投薬治療

 

理由

 

この段階まで薄毛が進行してしまったら、より確実に薄毛を改善させるために、すなおに病院を頼りましょう。

※なお、皮膚科での治療はガイドラインに沿って行われるので、ミノキシジルタブレットは使用しません。なので、この段階での治療だと、薄毛が改善するまでに時間がかかるかもしれません。

 

高島分類Ⅳ型

 

前頭部の生え際がⅢ型よりも後退し、頭頂部もO型に薄くなってきた状態

 

おすすめの薄毛対策

 

AGAクリニックでの投薬治療

 

理由

 

Ⅳ型まで進行してしまうと、ミノキシジルタブレットを使わずに薄毛を改善させるのは難しいです。

そうなると選択肢は、AGAクリニックのみとなります。

 

高島分類Ⅴ型、Ⅵ型、Ⅶ型

 

Ⅴ型:Ⅳ型がさらに進行した状態
Ⅵ型:前頭部と頭頂部の薄毛部分が繋がり、髪の毛のある部分が側頭部と後頭部のみの状態
Ⅶ型:Ⅵ型が進行し、側頭部と後頭部の毛量も減ってきた状態

 

おすすめの薄毛対策

 

AGAクリニックでの投薬治療プラスα

 

理由

 

この段階まできて尚且つ薄毛を治したいということは、これまで何らかの薄毛対策は経験してきたと思います。

それでも治らなかったということは、普通のことをしただけでは難しいと言えるでしょう。

 

もしⅦ型あたりまで進行してしまってるようなら『自分の髪の毛を増やすのは諦める』という選択肢も考えたほうがいいかもしれません。

 

自毛植毛という選択肢

上記選択肢には入れていませんでしたが、自毛植毛をおこなうという方法もあります。

 

自毛植毛とは、抜け毛になりきくい側頭部や後頭部の髪の毛を、薄毛になりやすい前頭部から頭頂部に移植することをいいます。

 

移植が成功すれば、そこの髪の毛は薄毛になることはほぼありません。

 

そのことから自毛植毛をおこなう人も増えているようなんですが、注意してほしいのは、移植部分以外の場所は薄毛になってしまうということです。

 

例えば、自毛植毛をハミルトンノーウッド分類のⅡ型あたりで行ったとすれば、移植範囲が少なくて済むので費用はやや抑えることが出来ますが、Ⅲ型以降に薄毛が進行していけば、移植部分以外は薄毛が広がっていきます。

 

かといってⅥ型あたりで移植すれば、費用もものすごく高くなりますし、肝心の側頭部や後頭部の髪の毛もそんなに残ってないかもしれません。

 

このように、どのタイミングで移植すればいいのかものすごく難しい薄毛対策ではありますが、お金に余裕がある人ならば複数回の自毛植毛も可能でしょうから、そんな人は検討してもいいかもしれません。

 

薄毛を改善するのに最も確実なのはAGAクリニック

本気で薄毛を改善したいと思っているのなら、AGAクリニックを利用することが一番の近道です。

 

大抵のAGAクリニックでは、最も発毛効果が高い『ミノキシジルタブレット』を処方してもらえますし、ミノキシジルタブレットを使用しても効果が出にくい人のために、育毛メソセラピーやハーグ療法といった有効成分を頭皮に注入する治療を行えるクリニックも多数存在しています。

 

AGAクリニックに通うことに抵抗を感じている人もいるかもしれませんが、通院も基本月一回だけで済みますし、オンライン診療を行えるクリニックもあります。

 

治療費については自由診療となるので決して安くはないですし、クリニックによってまちまちなんですが、そこまで高額というわけではありません。(あくまで個人の感想です)

 

なお、以下の記事で大体の費用は確認できるので、参考にしてみてください。

 

 

 

次に私おすすめのAGAクリニックを紹介しておきます。

 

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックは業界大手のAGAクリニックで、AGA治療を考えてる人ならば知っておくべきクリニックです。

 

AGAスキンクリニックはでは業界大手のクリニックらしく投薬治療以外にも育毛メソセラピー(Dr’sメソ)、植毛、ヘアタトゥー、LED治療(ヘアビーム)など様々な治療方法を用意していますし、AGAスキンクリニック及び提携院での相談・外来実績は33万人以上となっているので、薄毛に関する相当な知識・ノウハウが蓄積されています。

 

その証拠に発毛実感率は99.4%という高い確率を誇っていて、クリニックの外来数から考えると相当な確率だということがわかると思います。

 

あなたのAGAがどのくらい進行していたとしても、AGAスキンクリニックならばあなたに合った最善の治療方法を提供できると思います。

 

AGAスキンクリニックの公式サイトはこちらから!

 

 

湘南AGAクリニック

湘南AGAクリニックは湘南美容クリニックグループのAGAクリニックで、投薬治療以外にも育毛メソセラピー、自毛植毛など様々な治療方法を用意しています。

 

その中でも投薬治療の費用が安いのが湘南AGAクリニックの特徴になります。どのくらい安いかについては、以下の記事が参考になると思います。

 

湘南AGAクリニックおすすめの投薬治療の費用

 

AGAクリニックで治療を行いたいけれど治療費が気になるという人は、湘南AGAクリニックの公式サイトをチェックしてみてください。

 

湘南美容クリニックの公式サイトはこちらから!

 

 

意外と知らないAGA治療に皮膚科という選択

AGAの治療と言えばAGAクリニックをイメージすると思いますが、実はAGA治療を行える皮膚科もあります。

AGAクリニックに抵抗があるという人も、AGA治療をする人以外の患者もいる皮膚科の方が抵抗なく通えるという人も多いかもしれません。

 

皮膚科での治療はフィナステリド(またはデュタステリド)を処方するのがメインで、発毛剤については使ってるところ、使ってないところ、様々のようです。

 

また、AGAクリニックとの違いは大きく2つあり、皮膚科では以下の行為は行いません。

●ミノキシジルタブレットの処方

●育毛メソセラピーやハーグ療法といった、頭皮への有効成分の注入

 

なお、皮膚科でのAGA治療について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

 

 

 

発毛剤は種類が限られているで選びやすい

日本で発毛剤を名乗れるのは、ミノキシジルが配合されたもののみとなります。

 

発毛剤は長いこと大正製薬のリアップのみでしたが、大正製薬の持つ主要な特許が切れ始めたため、他のメーカーも後発品を発売できるようになりました。

しかし、それでも種類としては少ないので選ぶのに苦労することはないでしょう。

 

主な発毛剤
大正製薬『リアップX5プラスローション』
アンファー『スカルプD メディカルミノキ5』
ロート製薬『リグロ EX5』
東和薬品『ミノアップ』
岩城製薬 『ミノグロウ』

 

製品としてのリアップX5プラスローションと他の発毛剤の違いは有効成分にあります。

リアップX5プラスローションには、ミノキシジル(5%)に加え、皮脂の分泌や酸化を抑え、頭皮の炎症を抑える効果がある成分が配合されているのですが、他の発毛剤にはミノキシジル(5%)以外の有効成分は配合されていません。

リアップX5プラスローション以外の発毛剤は、旧シリーズのリアップX5のジェネリックといえるでしょう。

 

また、値段に関して言えば、リアップX5プラスローション、メディカルミノキ5、リグロEX5にほとんど違いはありません。差別化を図るとすれば、商品のブランド力であったり、会社への信頼度、好き嫌いの好み、わずかな値段や有効成分の違いになると思います。

 

しかし、ミノアップとミノグロウに関してはジェネリック医薬品らしく値段も安く、最も購入しやすい値段なのはミノグロウになります。

 

 

発毛剤の購入方法

発毛剤には副作用の心配があるミノキシジルが配合されているので第1類医薬品となります。

購入には医師や薬剤師の許可が必要なのですが、ネットで購入するにしても問診項目への回答が必要となります。

そして、適正と判断された場合には購入することが出来ます。

 

また、発毛剤を購入する際はまとめ買いをするよりも、単品で購入した方がいいかもしれません。

まとめ買いをすることで値段が安くなる商品もありますが、初めて発毛剤を購入する際は、まずは単品で購入すべきです。

 

ミノキシジルには副作用の恐れがあり、それがいつ起きるかわかりません。また頭皮に異常が起きる可能性もゼロではありません。

 

もし発毛剤があわないとなった場合、発毛剤の使用をやめるしかないのですが、開封してない商品であっても返品は難しいかもしれません。

 

どうしてもまとめ買いをしたいなら、返品が可能であるかどうかを事前に確認してから購入手続きを行ったほうがいいでしょう。

 

 

リアップX5プラスローション

 

大正製薬の『リアップシリーズ』は、日本で初めて発売された発毛剤になります。

広告のキャラクターには俳優の水谷豊を起用し、その知名度・ブランド力は他の発毛剤を圧倒しています。

 

 

メディカルミノキ5

 

メディカルミノキ5は、スカルプDシャンプーでおなじみのアンファーから発売されている発毛剤です。

元SMAPの草なぎ剛と香取慎吾が出演するCM「スカルプD ミノキ兄弟」編などの効果もあり、知名度もアップしています。

インターネット購買に抵抗がない20~30代を中心とした若年層をターゲットとしている模様です。

 

 

リグロ EX5

 

ロート製薬から発売されているリグロEX5は、まだ発毛剤を使用していない30~40代の比較的若い男性をターゲットに想定していて、その年代の人たちに影響力のある元サッカー日本代表の本田圭佑をアンバサダーとして起用しています。

 

 

ミノアップ

 

東和薬品から発売されているミノアップは、安さが魅力の発毛剤になります。

広告に力を入れてない分、安い値段で提供できるのでしょうし、東和薬品はジェネリック医薬品の会社としても有名なので安心して購入できるでしょう。

 

 

ミノグロウ

 

岩城製薬から発売されているミノグロウは、このなかで最も知名度がありませんが、最もお求めやすい値段で購入できます。

値段だけで発毛剤を決めるなら、ミノグロウ一択となるでしょう。

 

 

薄毛の改善に育毛剤は使えない?

薄毛対策として根強い人気を誇ってるのが育毛剤で、数多くの商品が販売されています。

しかし、その商品数が多いことが、薄毛対策選びを迷わす原因ともなっています。

 

そもそも育毛剤とは髪の毛を育てるためのものであり、発毛剤のように髪の毛を増やすためのものではありません。

実際、育毛剤単独使用での薄毛改善の確率は低いというのが実情です。

 

それでも同時に育毛サプリメントを服用したり、効果的な頭皮マッサージをおこなうなど、複合的なアプローチをすることでさらなる効果も期待できるのですが、その分費用も掛かってしまいますし、上級者向きのやり方ともいえます。

 

薄毛を改善させるのに、あえて難しいことをやる必要はありません。

 

たまに「どんな育毛剤がおすすめですか?」との問い合わせがくることもあるのですが、その際も育毛剤以外の選択肢をすすめています。

時間とお金を無駄にしないためにも、他の選択肢を選んだほうが賢明といえるでしょう。

 

育毛剤を除外することで選択肢も狭まるので、薄毛対策選びも楽になります。

 

育毛剤しか選択肢がなかったら?

しかし、なかにはミノキシジルの使用許可がおりないという人もいます。そうなると発毛剤は使用できません。

 

その他にも様々な理由があって、育毛剤しか選択肢がなかったとしたら、育毛剤に頼るしかありません。

 

そんな時、どのような基準で育毛剤を選べばいいのかなんですが、そこはやはり配合されている成分で選ぶべきだと思っています。

 

育毛剤に配合されている数ある成分のなかで、私が特に注目している成分が『キャピキシル』『リデンシル』になります。

 

キャピキシル

キャピキシルは、アセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスをミックスさせたものになります。

 

特に注目してほしいのは、強力な細胞修復能力を持つ成長因子のアセチルテトラペプチド3が配合されている所です。

 

アセチルテトラペプチド3が配合されていることで、毛包(毛根を包む組織)の修復や維持といった育毛効果が期待できます。

 

 

 

リデンシル

リデンシルはセイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛などで構成されるスカルプケア成分です。

 

その中でも、セイヨウアカマツ球果エキスが重要な役割を果たしていて、髪の毛は毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことでつくられるのですが、セイヨウアカマツ球果エキスは毛包幹細胞を活性化させ、毛包幹細胞が毛母細胞になるのをサポートすることで、髪の毛の成長を促す役目を果たしています。

 

 

 

育毛剤を購入する際の注意点

すべての商品がそうとは言いませんが、育毛剤については継続的に購入してほしいことから、単品購入の値段を高めに設定しています。

 

商売上手だなぁと感じてしまうかもしれませんが、薄毛が改善されるまでには時間がかかるので、最低でも半年間は使用し続ける必要があります。

 

使い続ける必要がある以上、値段の高い単品購入のメリットはほとんどないので、お得に購入できる『定期コース』や『まとめ買い』で購入するようにしましょう。

 

また、育毛剤を使用して頭皮に異常を感じたりする可能性もあるので、まとめ買いをする際には未開封のものを返品できるかも事前に確認しておきましょう。

 

キャピキシルまたはリデンシルが配合されている育毛剤

それでは、キャピキシルまたはリデンシルが配合されている育毛剤をいくつか紹介したいと思います。

 

なおキャピキシルが配合されていると正確には発毛剤(医薬部外品)ではなく、スカルプエッセンス(化粧品扱い)となります。

 

バイタルウェーブ

バイタルウェーブの魅力はキャピキシルとリデンシルのどちらも配合されているところにあります。

 

成分の主役となっているのはキャピキシルで、もともと5%配合だったのが7%に増えています。

※リデンシルの配合量は公表していません。

 

その効果に賛否があるもののAGAによる薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するといわれているノコギリヤシも2%追加配合されています。

 

また、バイタルウェーブにはEGF(上皮成長因子)、FGF(線維芽細胞増殖因子)、IGF(インスリン様成長因子)といった成長因子も配合されています。

成長因子は髪の毛の成長に大切な役割を果たしていて、ミノキシジルもIGF-1(インスリン様成長因子1)やVEGF(血管内皮細胞増殖因子)といった成長因子の分泌を促してると言われています。

 

さらに、成長因子の中で髪の毛の成長に最も重要とされているFGF-7(KGF、ケラチナサイト成長因子)の産出量を増加させると言われているフコイダンをはじめ、髪の毛や頭皮にいいと言われている数多くの成分が配合されています。

 

成長因子は製造されてしばらく経ってしまうと効果を発揮できなくなる(失活する)と言われているので、その辺が気になるところではあるのですが、そこを差し引いても魅力的な商品であることは間違いないでしょう。

 

バイタルウェーブ

 

リデン(REDEN)

大人気YouTuberに紹介されたことで注目を集めるリデン(REDEN)は、その名の通りリデンシル(3%)が主成分の育毛剤になります。

 

『リデンシルの臨床実験データに沿った配合をしていることが認められた商品』だけがつけることを許される「リデンシル公式認証マーク」をつけて販売しているところが、他のリデンシル配合の育毛剤とは違うところであり、アピールポイントでもあります。

 

それ以外にも、

●髪の毛の成長に関する成長因子のなかで、最も重要なFGF-7(KGF、ケラチナサイト成長因子)の産出量を増加させるといわれているフコイダン(クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体)

●血行の促進や細胞分裂の活性化が確認されているセンブリエキス

●AGAによる薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するといわれているオウゴン根エキス

などが配合されていて、バランスのいい育毛剤となっています。

 

 

 

これから流行る薄毛対策とは?

今徐々に浸透しつつある薄毛対策に、低出力レーザーを使ったものがあります。

 

その代表と言えるものが『ヘアマックス』で、頭皮に低出力レーザーを当てるだけで薄毛を改させることが出来ます。

 

信じられない人もいるかもしれませんが本当の事です。

 

ヘアマックスにはたくさんのメリットがあって、薄毛がかなり進行している人以外にとっては理想的な薄毛対策になると思うので、そのうち発毛剤や育毛剤に変わり、自宅での薄毛対策の主役になるかもしれません。

 

さらに詳しく書いた記事もあるので、興味が湧いたら覗いてみてください。

 

 

ヘアマックスの公式サイトはこちらから!

 

最後に

世の中には、数多くの薄毛対策が存在していますが、きちんと整理してみればその選択肢は限られてきます。

 

余計な時間とお金を使うことがないように、状況に応じた薄毛対策をおこないましょう。

 

そして、なかなか効果が出ないからといってよそ見はしないで、最低でも半年間は続けてみましょう。

 

それでもし、少しも効果が見られないようなら、そこではじめて次の薄毛対策を考えてみましょう。

 

薄毛の状況に応じて最適な薄毛対策を選び、それを最適な期間かけて実施する

 

それが薄毛改善への一番の近道です。

 

AGAクリニックもコスパの時代です

▼   ▼   ▼   ▼   ▼

G.グリーンクリニック




今回の記事が参考になったら応援していただけると嬉しいです。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
      レーザー育毛ならヘアマックス

関連記事

全国から受診可能なAGAクリニック

 

G.グリーンクリニック

AGAクリニックに頼りたくない人はこちら

今すぐ中身を確認する

ブログ応援お願いします

↓ ↓ ↓ブログランキング参加中クリックお願いします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

管理人のプロフィール

こんにちは。さこっちです。

40歳すぎたころから薄毛に悩まされるも、試行錯誤を繰り返し、薄毛改善に成功。

その間、薄毛を他人に知られることはほとんどなく、無事に隠し通すこともできました。

しかも今では、薄毛対策をしなくても、問題なく過ごせています。

詳しいプロフィールを見てみる

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031